【衝撃】「今は生きるのが精一杯」ムツゴロウさんの現在がコチラ「ご存命なんですね。元気そうで良かった」

ニュース・話題
スポンサーリンク

「今は自分が生きていくだけでやっとです」

 1980年に始まった「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」はあっという間に人気番組になり、平均視聴率は20%に迫った。

 しかしTVシリーズは2001年に終了し、2000年代後半には北海道の中標津から東京のあきる野市に移転した「ムツゴロウ動物王国」も閉園。3億円とも言われる巨大な借金を抱えたが、それもあふれるバイタリティで完済し、現在は40年前に移り住んだ北海道の中標津にある大自然に囲まれたログハウスで生活している。

――素敵なログキャビンハウスですね。そして中標津も初めてきました。

ムツゴロウ 
「もう引っ越してきて40年くらいになりますけど、広くて、川が流れていて、馬が喜んで草を食べるところがいいなと思って選びました。広さはわからんのですけど、100万坪くらいだと思います。」

――今はどんな動物たちと生活しているんですか。

ムツゴロウ 
「一緒に家で暮らしているのは、大型犬のルナと猫のマヤだけです。今は年を取ってね、自分の手で飼えるだけ。1頭と1匹で精一杯です。あとはすぐ近くの(ムツ)牧場に数頭の馬がいますが、自分が生きていくだけでやっとです。」

「今は犬1頭と猫1匹だけ…」借金3億を背負って「動物王国」を閉園したムツゴロウさん(86)が辿り着いた“北海道のログハウス生活”「今は自分が生きていくだけでやっとです」 | 文春オンライン
動物が登場する番組はテレビでもYouTubeでも鉄板の一大ジャンルだが、その元祖と言えば“ムツゴロウ”こと畑正憲さん(86)だろう。ライオンの頭を無防備になで、ワニの口に笑顔で頭を入れる。ライオンに右…
スポンサーリンク

SNSの反応

スポンサーリンク

ネットの反応

テレビの姿とだいぶイメージが変わります!

トレンドに上がってたのはこれか。

その話になると思ってた

コメント

タイトルとURLをコピーしました