【パクリ】韓国「ぺぺロ」と日本「ポッキー」元祖はどっち?ネットで物議!!「韓国に天罰が下りますように。」

スポンサーリンク

韓国の「ぺぺロ」と日本の「ポッキー」、元祖はどっち?

 ペペロとポッキーはどちらも棒型のチョコレート菓子だ。掴む部分はチョコレートがコーティングされていないため、掴んで食べやすいのも同じだ。

 形が似ているお菓子は多いが、2つの商業的な記念日も同じだという点で、特に類似性が高い。韓国の『ペペロデー』のように、日本でも11月11日が『ポッキーの日』だ。

 発売はポッキーが先だった。ポッキーは1966年、日本のお菓子メーカー「江崎グリコ」が発売を開始した。一方、韓国のロッテ製菓が「ペペロ」を発売したのは1983年だ。棒状のチョコレート菓子の“元祖”は「ポッキー」というわけだ。

 しかし『ペペロデー』と『ポッキーの日』、すなわち記念日マーケティングは韓国が先だ。韓国・聯合ニュースによると、『ペペロデー』は嶺南地域(慶尚道)の女子生徒が「ぺぺロ」のように細くなろうという意味を込めて「ペペロ」をやり取りしたことに由来する。この時期は1990年代半ばと推定されている。ロッテ製菓が公式的に『ペペロデー』マーケティングに入ったのは1997年だ。

韓国の「ぺぺロ」と日本の「ポッキー」、元祖はどっち?=韓国報道(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース
 11月11日を迎える度に起こる論議がある。形やマーケティングが似ている日本の「ポッキー」と韓国の「ぺぺロ」、どちらが先かという“元祖”論争だ。この議論は2015年には米国の裁判所で商標権紛争にまで
スポンサーリンク

SNSの反応

スポンサーリンク

ネットの反応

朴李(パクリ)の朝鮮人w

どっちが元祖かなんて、明らかでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました