【悲報】「億単位のギャラを石田純一に使い込まれた」いしだ壱成、うつ病発症を告白!「久しぶりに見たら、だいぶ寂しくなっちゃってる‼️ビックリ😲」

ニュース・話題
スポンサーリンク

いしだ壱成『ひとつ屋根の下』時代にうつ病発症

’97年に出演したドラマ『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ系)のころには、うつ病になってしまう。

「当時はうつ病という病気が一般的でなかったこともあり、スタッフの方にも理解してもらえなくて。不調を訴えても“甘えるな”“頑張れ”と根性論を言われ続けたことで、症状が悪化していきました。病院で診察もしてもらったのですが、原因不明のままでしたね……。それで、ドラマ撮影が終わって半年ほど休業することになったんです」

 そんな壱成に、追い打ちをかける事実が発覚する。

「当時は父の個人事務所に所属していたのですが、父に“まだ若いから、お金は自分が管理する”と、お小遣い程度の給料しかいただいていなかったんです。でも仕事をしたスタッフに“さすがにその仕事量でその額は少なすぎる”と言われ、弁護士の方に頼んで適正価格を調べてもらったところ、億単位のギャラをもらっていないとおかしいと言われて。それで父を問い詰めたところ、“事業で失敗して、(壱成の)ギャラで補填させてもらった”と言われてしまって……」

 家族に裏切りに近い行為をされたことで、うつ病の症状が悪化してしまう。

いしだ壱成『ひとつ屋根の下』時代にうつ病発症、“父の裏切り”で悪化の過去を告白(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
「当時は父の個人事務所に所属していたのですが、父に“まだ若いから、お金は自分が管理する”と、お小遣い程度の給料しかいただいていなかったんです。でも仕事をしたスタッフに“さすがにその仕事量でその額は少
スポンサーリンク

SNSの反応

スポンサーリンク

ネットの反応

親ガチャとはこの事だよな

いしだ壱成もハゲてるので安心(^Д^)

まわりの理解はうつでなくても、まだ世の中には自分本位でしか考えない人が多いのでなかなかね

コメント

タイトルとURLをコピーしました